アート/ART 

ART PROGRAM K・T 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築Ⅰ「モダニズム」

モダン(モダニズム)建築

19世紀後半に入り、建築素材としてガラス・鉄・コンクリートが用いられるようになり、建築は大きく様変わりしてきます。高さ300メートルのエッフェル塔(1889年)は、鉄鋼の大量生産を背景に可能になった大規模な鉄鋼建造物の代表例です。そんな中、イギリスでは「アーツ・アンド・クラフト運動(工芸運動)」、フランスの「アール・ヌーボー(新しい美を作る)」、ドイツの「ユーゲント・シュティール(新しい曲線様式)」等の近代建築運動が起こりました。更に20世紀前半になると、この近代建築運動は大きく展開していきます。モダン建築の、それまでの伝統を否定し、時代に即したデザインを創作するという理念は、ヨーロッパだけではなくアメリカ・日本にも影響し、インターナショナル・スタイル(個人・地域・民族を越えた普遍性)として世界を席巻していきます。


モダン建築は、鉄骨あるいは鉄筋コンクリートを骨組みに、床と壁を取り付けるという「合理性・機能性」を追求した建築で、装飾を否定しています。特徴は、直線的・四角い箱・コンクリート・鉄・ガラスです。
モダン建築をけん引したのが、フランス・エスプリ・ヌーボーの【ル・コルビジェ】バウハウスを率いた【ヴァルター・アドルフ・ゲオルク・グロピウス】ドイツ合理主義の【ミース・ファン・デル・ローエ】の三人と、モダン建築を基軸としながらも装飾を取り入れ、有機的な建築を目指した【フランク・ロイド・ライト】です。


1922年のモダン建築~世界遺産「シュレーダー邸」

ヘリット・リートフェルト【シュレーダー邸】1924年 世界遺産
図1+-+コピー_convert_20110204122921

「建築が創造するものは空間である」 リートフェルトの言葉

モンドリアンらと共に「デ・ステイル(様式)」という芸術運動に参加していたオランダの建築家ヘリット・リートフェルトが、自分の家族のために設計・建築した建物です。室内の壁は移動が可能で、季節に応じて異なる空間が出来る構造になっているのは、夫人の「壁が無い家を作って」という要望に沿ったものと言われています。
今から90年前の住宅とは思えない斬新なデザインに驚きを感じます。


ピート・モンドリアン《赤と青と黄のコンポジション》1921年
図2_convert_20110204091406

オランダの建築家テオ・ファン・ドゥースブルフが1917年に創刊した雑誌「デ・ステイル」の名称に由来し、モンドリアンの新造形主義を理念(三原色と無彩色、水平線、垂直線による格子構造)とした活動のグループ名です。



ル・コルビジェ(1887~1965) 

ル・コルビジェ ピエール・ジャンルネ 《サヴォア邸》1931年
311329033_ec044347bd.jpg

モダン建築を象徴する記念碑的な建築物です。
今から80年前に完成した建築とは思えない輝きを放っています。箱形の宇宙船が、たった今着陸したような新鮮な驚きを感じます。装飾性が無く無駄のない水平・垂直の構造で、ル・コルビジェが提唱した「ピロティ(杭)」「屋上庭園」「自由な平面」「自由な立面」「連続水平窓」という、近代建築の五原則が具現化されています。

洗練されたデザインのサヴォア邸内部

リビング・ルーム
img_1029620_18959393_0.jpg

バス・ルーム
savoa_01_convert_20110207115403.jpg

屋上庭園へのスロープ
savoye21_convert_20110207120035.jpg

ピロティ
savoye03_convert_20110207115910.jpg


杉本博司 「建築」より《サヴォア邸》1998年 119.4×149.2cm ゼラチン・シルバープリント
ae56d947.jpg

杉本博司は、世界の記念碑的なモダニスム建築を焦点をぼかした手法で撮影しています。

杉本の次の言葉が、モダン建築のすべてを語っているように思います。
「20世紀初頭に起こったモダニズムは、私たちの生活を大きく変えることになった。装飾から人間の魂が解放されたのだ。もはや神の気を引く必要もなく、王侯貴族の自己顕示も必要ではなくなったのだ。人間の力を遥かに上回る機械の助力も得ることが出来るようになって、人間は初めて形を作る自由を得たのだ。
私は現代の始まりを、その建築物から辿ってみることにした。‥略‥
無限の倍をカメラで覗いて見ると大ぼけの像となった。そして私は優秀な建築は、私の大ぼけ写真の挑戦を受けても溶け残るということを発見した。こうして私は建築耐久テストの旅へと出発した。多くの建築がその過程で溶け去っていった。」
写真集「HIROSHI SUGIMOTO」より




【ミース・ファン・デル・ローエ】(1886~1969)

「鉄とガラスでできた現代のビルの原型」を作った建築家です。

ミース・ファン・デル・ローエ設計《シーグラム・ビル》1958年
450px-Seagrambuilding_convert_20110203022509.jpg

NYのミッドタウンにそびえ立つ全38階159.6メートルの無機質な箱型の摩天楼は、完成当時世界の人々に計り知れないインパクトを与えたことでしょう。

彼のコンセプトは「ユニバーサル・スペース(柱と梁による均質な構造体)で、均質な空間を作れば、人々は好きな様に間仕切って使える」で、使う人々の自由な空間設計を考慮したものでした。
彼は「Less is More」という有名な言葉を残しています。「少ないことは豊かである」ということは、絵画から絵画以外の要素(奥行き・文学性など)を排除して切り詰めた芸術表現(純粋還元)に至ったミニマリズムの精神に通じる考え方です。しかしシンプルでありながら機能美を備えた四角いビルが世界に次々と乱立し、その後「Less is bore(少ないことは退屈である)」という言葉と共に出現した「ポスト・モダン建築」への転換期を迎えることになるのです。


【ヴァルター・アドルフ・ゲオルク・グロピウス】(1883~1969)

ドイツの建築家。バウハウス(美術と建築に関する総合教育の学校)の創設者で、初代校長も務めました。

ドイツの発展には若者たちの教育、特に産業に携わるための教育システムが大切であるとして《バウハウス》を創設しました。工芸・デザイン・写真などを含む美術、そして建築に関する総合教育システムの学校です。


グロピウス設計《バウハウス デッサウ校舎》1925年
20060925200853_convert_20110204204911.jpg

校舎のバルコニー
566px-Bauhaus-Dessau_Wohnheim_Balkone_convert_20110204204834.jpg

機能美が追求され、均質化されたデザインです。

【フランク・ロイド・ライト】(1867~1969)

アメリカの建築家。住宅建築に数多くの傑作を残しました。
彼のコンセプトは一貫して「有機的建築」でした。
自然と共存する建築「プレイリースタイル(草原様式)」の代表作として「ロビー邸」があげられます(実際には街角に建っています)。水平線を強調しながら、いくつもの直方体を積層的に組み合わせて構成されています。光・風を自然のままに取り入れるための連窓や広く取られたバルコニーなどが、単調さをカバーする効果を出しています。

《ロビー邸》1906年
0067538b3f_convert_20110207103334.jpg

「有機的建築とは、その建築が必要とするすべての要素が調和し、内から外へと発展していく建築である。決して外から与えられた形態に合わせて造られるようなものではない。」 ライトの言葉


フランク・ロイド・ライト《カウフマン邸 落水荘》1937年

lrg_20018832.jpg

まさに自然と一体化しているライトの建築です。光・風・緑、そしてや自然の音までも取り込んだ有機的建築の代表的な作品です。
やはり水平線が強調され、直方体を積層的に積み上げたようなライト建築の特徴がよくでている建築です。

766px-Falling_Water_01_convert_20110204214930.jpg


フランク・ロイド・ライト《ソロモン・R・グッゲンハイム美術館》1959年 マンハッタン
20100619_1518510_convert_20110204214653.jpg

a1b5004a.jpg

グッゲンハイム美術館は、ライトが92歳の没年に完成しました。1944年(77歳)に美術館の建築設計案が出され、その5年後にようやく建設に取り掛かりました。この個性的な設計案にグッゲンハイムが承認するまでに時間がかかったことや、ニューヨーク市の建築法に触れ、許可が下りるのに時間がかかったのが原因です。
美術館の最上階かららせん状に降りながら鑑賞するという、美術館の概念を打ち崩した美術館です。
スポンサーサイト

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

建築Ⅱ「ポストモダン」

ポスト・モダン建築

「Less is bore (より少ないことは退屈だ)」1966年 著書「建築の多様性と対立性」より

ポストモダン建築は、ロバート・ヴェンチューリのこの言葉から始まりました。モダニズムの建築家ミース・ファン・デル・ローエの「Less is More(より少ないほど豊かである)」を皮肉った言葉です。

20世紀中頃から、機能性や効率性を重視した均質的なデザインの白い箱が次々と建設されるようになり、インターナショナル様式で建てられた高層ビルが並ぶ脱個性の街並みが世界各地に出現すると、それに対抗して、味気ない建築物をこれ以上増やしてはならないという批判が起きてきます。
1960年代になると、「モダニズム建築が排除したもの‥古典的装飾・民族性・地域性・曲線・象徴性‥等をもう一度拾い集めた建築を目指そう」という理念が提唱され、ポスト・モダン建築の建物が建ち始めます。
ポスト・モダン建築は1980年代にもっとも流行しますが、1989年にドミニク・ぺローのミニマルな設計案がが国際設計コンペで優勝するなど、1990年以降には、再びモダニズム建築の見直しが始まり、ポスト・モダン建築の潮流は影を潜めて行きます。


ポスト・モダン建築の手法は、【アプロプリエーション(流用・引用)】です。
過去の建築様式(神殿・ゴシック建築・教会の尖塔)や装飾を引用・流用し、新しいイメージを生み出しました。一つの作品の中に複数の要素を流用し、折衷させて異なるイメージを再構築させました。


隈 研吾《M2ビル(現東京メモリードホール)》1991年
d0039955_15522519_convert_20110210095325.jpg

まさに、古典的装飾の引用と折衷の作品です。当時彼は「ポスモダニズムの旗手」として華々しく登場しましたが、バブル崩壊後は、本人曰く「失われた10年」を地方で過ごし(その間にも数々の賞を受賞しています)、「負ける建築(環境に調和する)」をコンセプトに東京に復帰します。サントリー美術館・根津美術館など数多くの建築を果たし、現在も歌舞伎座を始め、世界各国で大きなプロジェクトを抱える超多忙な建築家です。


隈 研吾の最近の作品

《サントリー美術館》2009年
749px-SUNTORY_MUSEUM_OF_ART_convert_20110210110033.jpg

隈 研吾《《那珂川町馬頭広重美術館》2000年
800px-Bato_Hiroshige_Museum_of_Art_convert_20110210110604.jpg



磯崎 新《つくばセンタービル》1983年
tcenter_convert_20110210162536.jpg

1983年竣工の「つくばセンタービル」により、ポストモダン建築の旗手と目されるようになりました。西洋的、ギリシャ的、東洋的、未来的な流用が折衷された、日本のポスト・モダンの代表的な建築です。
磯崎新は、設計すると同時にその廃墟の模型も制作するという異色の建築家です。彼の作品のスタイルには統一感がありませんが、あえて言うならキューブを多用する点があげられます。

磯崎新《つくばセンタービル 広場》
20071031_128_convert_20110210153714.jpg

ミケランジェロの「ローマ カンピドリオ広場16世紀中頃」を流用しています。

b1efad75.jpg



丹下健三《東京都庁舎》1990年
371874_convert_20110210113149.jpg

ゴシック建築のノートルダム大聖堂を流用しています。

《ノートルダム大聖堂》1225年
3926ab408ccf8b9d02589d7a60844a75.jpg



フィリップ・ジョンソン《AT&Tビル (現ソニービル)》1984年
450px-Sony_Building_by_David_Shankbone_convert_20110210113119.jpg

フィリップ・ジョンソン(1906~2005)はMOMAのキュレーターを2度経験するアメリカの建築家です。前回ご紹介したマンハッタンの《シーグラムビル》を、ミース・ファン・デル・ロ―エと共同設計しています。ヨーロッパのモダニズム建築をアメリカに紹介した建築家です。
《AT&Tビル》は、ポスト・モダン建築に展開した作品です。ビルのトップに、古代神殿建築のぺディメント(三角破風)を流用しています。

《コンコルディア神殿》紀元前4世紀 シチリア島
1249022544_convert_20110210113213.jpg




脱構築主義建築

ポストモダン建築が衰退し、モダン建築の見直しがされるようになる1980年代後半から2000年代の現在に至るまで、世界を席巻しています。大梁や柱を無くした非構造主義建築です。脱構築とは哲学用語で、「ある対象を解体し、それらのうち有用な要素を用いて、新たな、別の何かを建設的に再構築すること。」という定義です。
モダニズム建築の「形態は機能に従う」という理念を否定し、ポスト・モダン建築の「流用」を退けて、まったく新しい建築を目指しています。


ザハ・ハディッド(1950~ イラク出身イギリス在住)
図10_convert_20110210191323

現在最も注目されている脱構築主義の建築家です。
レム・コールハ―スを師として、1979年に独立するまで彼のもとで働きます。彼女を見出したのは、彼女が1983年に優勝したコンペティションの審査員をしていた磯崎新でした。1990年までは彼女の建築は設計段階で終わっていることが多く、「アンビルトの女王」という異名を持っていましたが、それ以降は世界でプロジェクトが実現し進行しています。
彼女のデザインには大きな驚きが湧きおこります。どうして、どこから、どのようにデザインが創出されるのか。またそれが仮想空間で終わらず、現実の建物としてその存在を可能にした材質やテクノロジーの進化にも驚きを感じます。水平・垂直が無い建築、曲面や歪んだ空間の図形を探求する非ユークリッド幾何学が応用された建築です。


ザハ・ハディッド(イラク)《韓国東大門デザインプラザ》CG 2011年完成予定

図11_convert_20110210191443

ザハ・ハディッド《広州オペラハウス》2010年
1Guangzhou-Opera-ZHA-6040_convert_20110211153149.jpg

《広州オペラハウス》
guangzhou12_convert_20110211150829.jpg

レッジョ・ディ・カラブリアのレギウム・ウォーターフロント再開発計画(地中海博物館)計画は中止
800px-Reggio_Calabria_-_Museo_del_Mediterraneo_3_convert_20110211085605.jpg

「韓国東大門デザインプラザ」と同じように、何かアメーバのような増殖するイメージがあります。
彼女の建築は、曲線が強調されて特異な建築であるとの批評がありますが、むしろ自然界に存在する物は曲線がほとんどで、むしろ直線の方が特殊な線と言えるのではないでしょうか。


レム・コールハース(オランダ)《中国中央電視台本部ビル》2009年
800px-Completed_CCTV_Tower__convert_20110210220757.jpg


ヘルツォーク&ド・ムローン(スイス《北京国家体育場》 2008年
図9_convert_20110210191615

コープ・ヒンメルブラウ(オーストリア)《BMW自動車博物館》2006年
図7_convert_20110210191640


コープ・ヒンメルブラウ《ドレスデンのシネマコンプレックス》
図12_convert_20110210191411


フランク・ゲーリー《MITステイタ・センター》
Wfm_stata_center_convert_20110210225312.jpg

脱構築主義建築の外観は、歪み・傾斜・ひねりなど刺激的な表現で、今までの建物の概念を越えてしまった形態に大きなインパクトを感じます。しかし一方で、内部の機能的な面を想像した時に、「外観の面白さを競い合っているだけ」という批判があるのも認めざるを得ないところです。又個人的には、15年前に目にした大震災の傾き崩れた建物の記憶が蘇ることもあって、違和感を感じてしまうのも正直なところです。

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。