アート/ART 

ART PROGRAM K・T 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーヴィスム(野獣派)Ⅰ

前回は、色彩によって精神性の高い抽象画を描いた「カラー・フィールド・ペインティング」の画家マーク・ロスコをご紹介しましたが、その50年ほど前、フランスでは「心に感じた色彩を自由に使い、感情や感動を力強く表現する《フォーヴィスム(野獣派)》と呼ばれた画家のグループがありました。
今回からフォーヴィスム(1905~1908)についてご紹介いたします。

フォーヴィスムが誕生するまでに、どのような絵画の流れがあったのでしょう
     
         ~自然主義から非写実な表現に向かう絵画の流れ~
  
  印象主義の画家たち(モネ・シスレー・ピサロ‥)が野外に出て、刻々と変化する自然(移ろいゆく光や
  大気や水)を、自分の目に映るがままに軽妙なタッチで即興的に描きました。自然主義
  光を色彩に置き換えて表現しました。   【現象(~に見える)を描く】

IMG_0002+(9)+-+コピー_convert_20091120231946
モネ《日傘の女》1886年

sis01_convert_20091120232840.jpg
シスレー《ヴィルヌーヴ・ラ・ガランヌの橋》1872年

エラニーの冬朝、日光の効果1896年_convert_20091121084515
ピサロ《エラニーの冬朝 日光の効果》1896年
  
  しかし、後期印象派(ゴッホ・ゴーギャン‥)の画家たちは、スタートは印象派であったけれども、
  現実の色や形に似せて描く自然主義的な印象派の画風に満足せず、生と死、感情や想像力など、
  印象派が描かなかった内面的な世界を描いたのです。画家の主観が表現され、画家が特定できる
  個性的な画面が作り出されました。【自分は世界を~のように見る。主観を描く】
    注 後期印象派とは、印象派の後半という意味ではなく、印象派の後に出てきたというとらえ方です。

  ゴッホ、ゴーギャンは『目に見えるもの』に見切りをつけ、人間の目に見えない心の世界を、色彩自体が
  持つ表現力を生かして、強く表現しました。

gog1_convert_20091121085416.jpg
ゴッホ《夜のカフェ》1888年

gogh_night00_convert_20091121085507.jpg
ゴッホ《星月夜》1889年

1989年_convert_20091121085615
ゴーギャン《黄色いキリスト》1894年

gauguin56_convert_20091121080142.jpg
ゴーギャン《ノアノア》1894年

【印象派の画家たちは、自分たちの周辺にだけ目を向けていて、思想の神秘的内部に入り込もうとしない】  
                                  ゴーギャンの言葉

【僕は目の前にあるものを忠実に再現する代わりに、又自分自身を一層強く表現するために、色彩をもっと気ままに使っている】
                                  ゴッホの言葉

またセザンヌは、色彩の視覚対比(暖色・寒色)を使って、量感や奥行きを表現しました。

cezanne_compotier1879+1882+-+コピー+(2)_convert_20091121092808
セザンヌ《コンポートのある静物》1879~1880年
(ゴーギャンが長く手元に置いていた作品です)
 
   「色彩そのものに、力強い表現力や造形力がある」


このような絵画の流れの中、ゴッホ、ゴーギャンの影響を強く受けたフォーヴィスム(野獣派)が生まれてくるのです。

  フォーヴィスムのキーワード 「主観的な色」 「力強さ」 「激しさ」

次回へと続きます!
スポンサーサイト

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

フォーヴィスム(野獣派)Ⅱ

フォーヴィスム(野獣派) 1905~1908年・フランス

アンリ・マティス アンドレ・ドラン モーリス・ド・ヴラマンク

名称の由来
   1905年の秋に出品されたマティス、ドラン、ヴラマンクたちの自由奔放で強烈な色彩の作品
   に対して批評家が、その荒々しさを野獣の凶暴さにたとえてフォーヴ(野獣)と蔑称を与えた
   ことによります。

フォーヴィスムの作品の特徴
   ■ゴッホ、ゴーギャンの影響を受けている
   ■原色を使った荒々しい色彩表現(感情を色彩で表わす)
   ■細部を大幅に省略し、大胆な形に単純化(パターン化)した平面的な表現
   ■「力強い表現」を求めて現実には有りえない色彩で描く。
     (描く対象物の実際の色に縛られないので、現実の風景や人物と似ても似つかぬ色で
      表現されている。赤や青色の木、黄色い空など)
   ■色彩の対比による画面構成。色彩によって空間を作り出す。

    心に感じた色を自由に使い、感情や感動を力強く表現する

    現実をそのままに再現する役割から、色彩を解放した

アンリ・マティス (1869~1954)

IMG_0002_convert_20091122153249.jpg
マティス《緑のすじのある肖像(マティス夫人)》1905年 41×32cm

1905年のサロン・ドートンヌ(秋のサロン)に出品されてセンセーションを巻き起こした作品のうちの一枚で、小さな作品にも関わらず、強烈な色彩に圧倒される作品です。大胆な色面で構成され、原色を対比させることで力強い夫人像が描き出されています。緑色のすじが、マティス夫人のキッパリとした感じをよく表わし、画面から立体感が失われることを防いでいます。このようなフォーヴ期に於ける自由で強烈な色彩表現が、後のマティスの数々の名作の下支えとなっています。

帽子の女1905年_convert_20091122153037
マティス《帽子の女》1905年

1905年のサロン・ドートンヌでセンセーションを起こしたもう1枚の作品。実際のモデルの肌や服の色に捉われずに、自分が感じ取った色が大胆にキャンヴァス上に置かれています。背景は女性の強い色彩と対応するように配色され、女性を引き立たせながらも同化し、画面全体に統一感を与えています。
「こんな人間がいるものか!」という人々の非難に対して、「私だって町でこのような女性に出会ったら驚く。私は女性を創造したのではなく、絵を描いただけ」と反論したのです。

開かれた窓コリウール1905年_convert_20091122154314
マティス《開かれた窓・コリウール》1905年
南仏の強い光が画家を変える!

輝く地中海の光に出会った歓びが溢れた作品胸躍るような明るい風景を前にした、マティスの感動がよく伝わってくる作品です。 鑑賞者もマティスと同様な視覚体験が味わえる作品。窓越しのコリウール(スペインに近い南仏の街)の風景が、現実の色彩から離れて大胆なタッチで生き生きと描かれています。窓の外の風景は白い下塗りを生かしたタッチで、室内は平塗りで描き内と外の感じを描き分けています。

次回は、ヴラマンク、ドランの作品をご紹介します。

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

フォーヴィスム(野獣派)Ⅲ

マティスと共にフォーヴィスムを代表する画家を紹介します。

アンドレ・ドラン(1880~1958)

コリウール港の船1905_convert_20091122154052
《コリウール港の舟》1905年

赤・青・緑・黄の4色で描かれた作品です。赤色と黄色(暖色)が前面に突き出ていて、青色と緑色(寒色)は、画面奥に後退しています。色彩の対比による画面構成、色彩によって空間が作り出されています。平面的ではありますが、ゆったりとした奥行きや広がりを感じさせる作品だと思います。

800px-The_Turning_Road2C_LC2B4Estaque_convert_20091122153440.jpg
《レスタックの回り道》1906年

原色が(心に強く感じた色彩)ぶつかり合うように配され、燃え上がるような風景が描き出されています。目に見えた色や形にとらわれない自由な表現の作品だと思います。

モーリス・ド・ヴラマンク

ゴッホを敬愛し、唯一の手本とし、マティスらと共にフォーヴィスムを創設したフランスの画家

赤い木1906年_convert_20091124202808
《赤い木》1906年

アンドレ・ドランの作品から刺激を受けて描かれた作品です。
太い輪郭線によってジグゾーパズルのように組み立てられています。奥行きが無い平面的な表現ですが、色の対比で空間が暗示されています。バランスが取れた巧みな色彩配置がされています。

IMG+(5)_convert_20091124222443.jpg
《草ぶき屋根の家》1933

素早い筆さばきやナイフさばきが、スピード感を生み出しています。まるで速く走る車の窓から見たような風景だと思います。ナイフによる白い絵具の盛り上げや混じり合いが美しい作品です。

ヴラマンクに師事し、教えを受けた日本の画家
   
   里見勝三(1895~1981)

Woman1937年_convert_20091124203340
《婦人》1938年

   佐伯祐三(1898~1928)

IMG_0003+(2)_convert_20091124203712.jpg
《立てる自画像》1924年

IMG_0001_convert_20091125003947.jpg
《靴屋》1925年

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。