アート/ART 

ART PROGRAM K・T 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名和晃平「Beas」

名和晃平(1975年~  )大阪出身の彫刻家

名和晃平《PixCell Shoe》2004年
ピクセルシュー2004年_convert_20110327083238


名和晃平《PixCell Deer No.5》 2007年

PixCellDeer52007年_convert_20110327083035

名和は2002年から、様々な物を無数のガラスビーズ(ガラス玉)で覆う「PixCell(ピクセル)」シリーズの制作を始めた。
インターネットから取り寄せるというモチーフ。「靴」「鹿」に張り付けたガラス玉は、モチーフの表皮からプクプクと出現し続ける泡のようにも見える。そして私達は、ガラス玉の内部のモチーフを見たくなる。近づいて移動しながら見るガラス玉を通したモチーフの表皮は、視点の変化によって、単なるモチーフとしてではなく更なる映像として記憶に残る。新しい視覚体験をすることになる。
「Pixel」はデジタル画像を構成する粒のことである。名和の「PixCell」は、映像を構成する細胞(Cell)ということなのだろう。

名和は、表面を見るだけであった従来の彫刻から、見る者が中身を見ようとする彫刻を作り出した。
スポンサーサイト

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。