アート/ART 

ART PROGRAM K・T 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々な形(フォルム)Ⅳ

コンセプト(観念)と結びついた形・考えが形に変わる~2

アーティストの観念や思考が作品を成り立たせ、観念の表明としての「形」が作られる。

【インターヴェンショ二ズム(介入主義)】のフォルム

「インターヴェンショ二ズム(介入主義)」と呼ばれる手法で、すでにある物の形や偶然見つけたものに手を加えて作品にしていく。かってどこにも存在しなかった作品は、観客に新しい感覚を抱かせます。

ガブリエル・オロスコ《Pinched Ball》1983年
gabrielorozco03_sized+-+コピー_convert_20101026195101

ガブリエル・オロスコ(1962年~  メキシコ)

既存のサッカーボールを潰して形状を変え、新たに出来たくぼみに液体を流し込むことによって又新たな形を出現させて作品化しています。

ガブリエル・オロスコ《変更されたシトロエンDS》 1993年
図1_convert_20101026195151

フランスの大衆車シトロエンDS(車)を切断中抜きし、再結合・再構築して前後各一人乗りに改造した作品です。よく知られたシトロエンに手を加えることによって、新たな形が出現します。



カタリ―ナ・フリッチュ《鼠の王様》1993年
ネズミの王様1993年_convert_20101026195533

カタリ―ナ・フリッチュ(1956~ 
常識をはるかに超えた巨大な像(形)は、デペイズマン※によって見る者に大きな驚きと不思議な感覚を与え、各人がそれまで抱いていた芸術の見方や価値観をグラつかせます。

※デペイズマンとは、最初に“驚き”を与えることによって、鑑賞者のそれまでの物の見方や感じ方、常識、固定観念(思い込み)を白紙にさせ、新しい思考回路や新たな感覚を鑑賞者の内に新しく呼び起こさせようとするシュルレアリスムの手法


ロン・ミュエック《ボーイ》1999
ボーイ_convert_20101026195827

ロン・ミュエック(1958~ オーストラリア)

ファイバーグラス、樹脂、シリコンでできた高さ5mのかがんだ少年の立体作品。ナニコレ、ナンデ、こんな巨大な少年が美術館にあるのか‥私達は、ヒューマンサイズをはるかに超えた大きさ、しかもリアルな再現に驚かされます。



【漆器】のフォルム

「用」から生み出された無駄のない洗練された形と、漆の深い色合いが美しい。

《琉球片口銚子》18世紀
琉球片口銚子・18世紀_convert_20101027173842


角 偉三郎(かど いさぶろう)《朱帶曲輪六段重》
朱帶曲輪六段重_convert_20101027130259



文田昭仁デザイン、伝統工芸士・躑躅森健製作《nest》一輪挿し
500629i10000021_convert_20101027130423.jpg


川連漆器文田明仁nest_convert_20101027130352
スポンサーサイト

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://artprogramkt.blog91.fc2.com/tb.php/110-c8124f46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。