アート/ART 

ART PROGRAM K・T 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池田学

池田学(1973~ )佐賀県多久市出身

池田学《存在》2004年 145×210cm 紙 インク
存在2004年_convert_20110408222920


《存在 部分》
ikeda8_3-07ebe_convert_20110408222402.jpg

《存在 部分》
ikeda8_7_convert_20110408221911.jpg

《存在 部分》
ikeda8_8-88dfd_convert_20110408222058.jpg

現代アーティスト イラストレーター(wiki) 東京芸術大学デザイン科卒業 10cm四方/1日8時間 絵師 優れた描写力 アニメ・漫画 

池田の作品を見たときの驚きは、米粒に絵や字を細かく描く技を見て「すごい、よく描けてるなあ」と感じる驚きによく似ていると思います。また日本の超絶技巧の工芸品である「欄間」を思い起こさせたりします。

【欄間】
kusu3b_convert_20110410234857.jpg

実際の物や風景を見なくても描ける描写力、細密画としての描写力と構成力(部分を関連付けながら全体像を作り出す構築力)には驚嘆を覚えます。時空を超えてありとあらゆるものが描きこまれ、一つの作品の中に封じ込められています。超絶技巧の表示技術で描かれ、物語性に溢れています。
彼が日本のコンテンポラリーアートに名を連ねているのは、やはり現在のアートシーンの流れを上手く取り込んでいるからでしょう。具象表現が優位な現在のアートシーンであり、ポップカルチャー・アニメ・漫画に影響を受けた日本の現在のアートシーンです。池田のような計画的で破たんの無い作品群は、過去の、偶然性に任せた面白さに大きな感動を感じたアートシーンにおいては、決して認められなかったでしょう。

池田学の最近作《Gate》2010年 22×27cm 紙にペン
Gate_press__jpeg_convert_20110409134815.jpg

シュルレアリスムのデペイズマン手法を思い起こさせる作品。作品がかなり小さくなっています。よく描かれています。
やはり現在のアートシーンにおいては、事物事象の再現性が高く、内容が面白ければ良い作品ということなのでしょうか。


ふと、プラモデルの箱絵作家小松崎茂の作品を懐かしく思い出しました。
【スペースコロニー】
f9b6f108-s_convert_20110410234934.jpg

スポンサーサイト

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://artprogramkt.blog91.fc2.com/tb.php/140-c5b528cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。