アート/ART 

ART PROGRAM K・T 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーヴィスム(野獣派)Ⅰ

前回は、色彩によって精神性の高い抽象画を描いた「カラー・フィールド・ペインティング」の画家マーク・ロスコをご紹介しましたが、その50年ほど前、フランスでは「心に感じた色彩を自由に使い、感情や感動を力強く表現する《フォーヴィスム(野獣派)》と呼ばれた画家のグループがありました。
今回からフォーヴィスム(1905~1908)についてご紹介いたします。

フォーヴィスムが誕生するまでに、どのような絵画の流れがあったのでしょう
     
         ~自然主義から非写実な表現に向かう絵画の流れ~
  
  印象主義の画家たち(モネ・シスレー・ピサロ‥)が野外に出て、刻々と変化する自然(移ろいゆく光や
  大気や水)を、自分の目に映るがままに軽妙なタッチで即興的に描きました。自然主義
  光を色彩に置き換えて表現しました。   【現象(~に見える)を描く】

IMG_0002+(9)+-+コピー_convert_20091120231946
モネ《日傘の女》1886年

sis01_convert_20091120232840.jpg
シスレー《ヴィルヌーヴ・ラ・ガランヌの橋》1872年

エラニーの冬朝、日光の効果1896年_convert_20091121084515
ピサロ《エラニーの冬朝 日光の効果》1896年
  
  しかし、後期印象派(ゴッホ・ゴーギャン‥)の画家たちは、スタートは印象派であったけれども、
  現実の色や形に似せて描く自然主義的な印象派の画風に満足せず、生と死、感情や想像力など、
  印象派が描かなかった内面的な世界を描いたのです。画家の主観が表現され、画家が特定できる
  個性的な画面が作り出されました。【自分は世界を~のように見る。主観を描く】
    注 後期印象派とは、印象派の後半という意味ではなく、印象派の後に出てきたというとらえ方です。

  ゴッホ、ゴーギャンは『目に見えるもの』に見切りをつけ、人間の目に見えない心の世界を、色彩自体が
  持つ表現力を生かして、強く表現しました。

gog1_convert_20091121085416.jpg
ゴッホ《夜のカフェ》1888年

gogh_night00_convert_20091121085507.jpg
ゴッホ《星月夜》1889年

1989年_convert_20091121085615
ゴーギャン《黄色いキリスト》1894年

gauguin56_convert_20091121080142.jpg
ゴーギャン《ノアノア》1894年

【印象派の画家たちは、自分たちの周辺にだけ目を向けていて、思想の神秘的内部に入り込もうとしない】  
                                  ゴーギャンの言葉

【僕は目の前にあるものを忠実に再現する代わりに、又自分自身を一層強く表現するために、色彩をもっと気ままに使っている】
                                  ゴッホの言葉

またセザンヌは、色彩の視覚対比(暖色・寒色)を使って、量感や奥行きを表現しました。

cezanne_compotier1879+1882+-+コピー+(2)_convert_20091121092808
セザンヌ《コンポートのある静物》1879~1880年
(ゴーギャンが長く手元に置いていた作品です)
 
   「色彩そのものに、力強い表現力や造形力がある」


このような絵画の流れの中、ゴッホ、ゴーギャンの影響を強く受けたフォーヴィスム(野獣派)が生まれてくるのです。

  フォーヴィスムのキーワード 「主観的な色」 「力強さ」 「激しさ」

次回へと続きます!
スポンサーサイト

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://artprogramkt.blog91.fc2.com/tb.php/31-be6aa390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。