アート/ART 

ART PROGRAM K・T 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マティスⅤ(第一次ニース時代 1919~1929)

抽象的な表現から、量感のある写実主義的な表現に戻る

《女と金魚》1921年
ae3afa857129733bb88caac4eb4f1af0_convert_20091210200047.jpg

画商から「金魚の巨匠」と言われるほど、マティスは金魚をモティーフに何枚も作品を制作しました。その作品の中でも珍しく量感のある写実的な表現で描いています。金魚を無心に見ているのか物思いにふけっているのか‥少し抑え気味の色彩が、この作品の雰囲気をより一層強めています。

オダリスクを描く

《グレーのキュロットのオダリスク》1927年
グレーのキュロットのオダリスク1927年+(2)_convert_20091210194705

《赤いキュロットのオダリスク》1921年
赤いキュロットのオダリスク1921年_convert_20091210195356

オダリスクとは中近東のハ-レムの女性のことです。トルコなどへの旅行の後マティスは精力的にオダリスクの作品を描いています。女性がテーマと言うよりも、オリエンタルな雰囲気を描きだしたかったかのように、壁紙や敷物などが大胆に装飾的に色彩豊かに描かれています。

《模様地の中の装飾的な人物》1927年
模様地の中の装飾的な人物1927年_convert_20091210195144

床の絨毯は遠近法よって表わされていますが、壁である壁紙が平面的に描かれているため、空間に歪が生じています。
その空間の歪みを和らげるために、人体を量感的に描きながらも、本来は丸みのある背中を直線で表わすなど平面化(装飾化)が図られています。
三次元の立体物や空間を、どのように絵画の平面と結びつけるのか。絵画の平面性を損なうことなく、立体と平面(装飾)を調和させるための工夫が見られる作品です。


次回は、「色彩・形態の単純化」、そしてマティスのもう一つの魅力「デッサンと版画」について紹介します。

スポンサーサイト

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://artprogramkt.blog91.fc2.com/tb.php/38-a4ddba1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。