アート/ART 

ART PROGRAM K・T 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美を巡る「花」Ⅵ

【色々な花】

ヤン・ダヴィス・デ・ヘーム《青い花瓶の花》1670年
th_img_maurt1.jpg

デ・ヘームは17世紀のオランダで活躍した画家です。

1609年、スペインから独立したオランダでは、通商の発達により人々の暮らしぶりは豊かになりました。また宗教改革により宗教絵画の衰退があり、絵画の注文が教会や貴族から市民層へと変わっていきました。市民は室内に飾る絵画として心地よい風景画や風俗画、そして静物画を求めるようになりました。それまで静物画は、宗教画の中の一部分であったのが独立したジャンルとなったのです。

この時代、花を中心とした静物画が多く描かれました。それは、どんなに綺麗に咲く花もいずれ枯れてしまうので、花は“はかなさ”を象徴するものとして、多くの画家がモチーフとして描きました。
はかなさをテーマに描く静物画を「ヴァニタス画」(生のはかなさ、虚栄、現生の空しさを表す)といいます。

《青い花瓶の花》には、異なる季節に咲く花々が同時に描かれていて、非常に緻密で鮮明な写実描写と、彩色の美しさに圧倒されます。バラ・カーネーション・アサガオ(復活・生命)、ケシ(死)‥今美しくても、すぐに朽ちて行く花々に、「メメント・モリ」ラテン語の警句 “死を忘れるな ”という戒めを込めています。




ヴュイヤール《ライラック》1892年
IMG_0002_convert_20100806191652.jpg

エデュアール・ヴュイヤール(1868~1940)

ボナールと共にナビ派を結成したフランスの画家です。しかし、ナビ派の他のメンバーであるドニ、セリュジェ等宗教色の強い画家達からは離れた立場で、見る者が「親しみ」を感じる室内の情景を多く描きました。ナビ派の画家達の中でも特に、平面性・象徴性・装飾性を顕著に表現しました。

ライラックの花・葉そして花瓶が大胆に簡略化されています。ライラックを色面でとらえて(色紙を切り抜いて貼ったような)、平面的で装飾的な、まったく新しいイメージの花です。

ナビ派とは?

19世紀末に、ゴーギャンの影響を受けて結成されました。絵画を平面装飾品として位置づけ、平面性・象徴性・装飾性を重要視しまし。そういった共通点はあるものの、強い結束力はなかったようです。


2年余りのナビ派の理論への固執(実践)から離れて、日常の自分を取り巻く平凡な事物を描くようになります。その絵画の中には理論はなく、変わったことは何も起こらない。ただ静かで安らかな日常の風景があるだけです。が、ヴュイヤールによってそれらに与えられた輝きは、美しい情緒(雰囲気)となって伝わってきます。

ヴュイヤール《猫》1893年
猫1893年_convert_20100806191949




ジェフ・クーンズ《パピー》1997年  ビルバオ・グッケンハイム美術館
20080914_200912_convert_20100805211452.jpg

高さ12メートルの鉄の骨組みに、何色ものパンジーを始め、多種の花々を埋め込み、子犬(ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア)の形に刈り込まれたトピアリー彫刻です。商品としての犬の置き物を流用して作り出された作品です。子犬はその大きさと、花でできていることに人々は驚きます。アートと商品との境界を曖昧にするシミュレーション・アートの作品です。

シミュレーション・アートとは

1980年代にニューヨークを中心に広まったアートです。
コピー(商品)を流用することによってオリジナルの価値を薄め、コピーとオリジナルの境界線を失くすことで新しいアートの在り方を提示しました。



テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

美を巡る「花」Ⅶ

【色々な花】

草間彌生《花》1992年
花1992年_convert_20100819102005_convert_20100819110836

草間彌生(1929~  )

ソフト・スカルプチュア(柔らかい彫刻)、ハプニング、コラージュ、版画、文学など、多岐にわたって世界的に活躍する現代アーティストです。小さい頃から、水玉と網目を用いた幻想的な絵画を描き続けています。1957年に渡米し、60年代にニューヨークで水玉と網目が増殖する作品が注目され、以来国内外で活躍しています。

3021491_convert_20100819112330.jpg

《無題》1939年 10歳の時の作品
無題1939年_convert_20100819111528

草間自身が、自らの芸術作品をオブセッショナル・アートと呼んでいます。オブセッション(強迫観念)とは、本人の意志とは関係なく頭に浮かぶイメージ(特に不安や不快感)に異常に強く囚われてしまうことです。普通は不安や不快感が起きてもすぐに解決したり忘れてしまうのに、オブセッションは、囚われたまま逃れられなくなってしまうのです。手の不潔感に囚われると、何度も何度も手を洗わないと不安から逃れられないのです。草間の場合は、幼い頃から身の回りの物が水玉などの同じ模様で覆い尽くされるという幻覚に襲われています。10歳の頃に描かれた母の像にもその水玉は表出しています。

「芸術を作り続ける事だけが私をその病から回復させる手段だった」

と草間が述べているように、自分を不安や嫌悪感に陥れているものを無限に反復する作品を制作することによって(作品を水玉や網目で埋め尽くす)自己救済しなければならなかったのです。

「悪魔が根負けするまでは、私の仕事もつづくのです。なぜなら悪魔は芸術の的であり、それ以上に戦友だから」

とも述べています。

1992年に描かれた「花」も、大小の水玉や網目でびっしり埋め尽くされています。そのスタイルは、自己救済という個人的な行為でありながらも、私達に大きなエネルギーと草間にしか描くことの出来ない美しさを感じさせてくれます。



蜷川実花《「地上の花、天上の色」展より》2008年
地上の花天上の花2009年_convert_20100819102148_convert_20100819110951

蜷川実花(1972~  )日本の女性写真家 映画監督

蜷川の作品はネガフィルムです。蜷川は言います。
「フィルムは、自分が表現したいものが一発で出るんです。デジタルの色んな手間は煩わしいのです。又デジタルと違って、フィルムは消費するわけですから、緊張感や集中力が違います。」

大学生の時、コンビニのカラーコピー機から出てきた、サービス版の写真の拡大版が蜷川カラ―の原点となりました。地上の花々のヴィヴィットな色彩は、現実世界を離れ、天上の色彩として蜷川ワールドを作り出しています。



ボナール《赤いカーペットの花》1928年
赤いカーペットの花1928ね_convert_20100819102042

ボナール(1867~1947)

ナビ派の中でも特に日本絵画の影響を強く受けた画家。ナビ派を離れてからは、室内情景などの身近な題材を好んで描き、ヴュイヤールと共に親密派(アンティミスト)と呼ばれました。穏やかながら多様な色彩によるハーモニーを演出し、不思議な幻想の世界を描いて「色彩の魔術師」と言われました。

ここに描かれた花々は、花の種類や葉の形に具体性は全くありません。
ボナールは「色彩はデッサンよりも道理にかなったものだ」と語っています。つまり、形より色彩だと言っているのです。現実の中の形・色彩に依拠しないで、自分の世界で描く絵画の方に力があるということを示していると思います。
背景の黒い椅子の背もたれらしきものが、花の存在感を強くし、鋭角的に曲がった花の茎がこの作品を面白くさせていると思います。


テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

美を巡るⅧ「花」

グウェン・ジョン《花》1910年代後半 35×27cm

IMG+(2)_convert_20110111184002.jpg

Gwen Jone(グウェン・ジョン1876~1939)イギリス ウェールズ出身 

弁護士の父と水彩画家の母の長女として生まれる。ロンドンのスレード美術学校卒業後(22歳)パリに出て、新設のホイッスラーの学校で学び、ホイッスラーの影響を受けます。
グウェンが生きた時代は、芸術的に大きな変革の中にありました。ピカソがキュビスム誕生を告げる「アヴィニョンの娘達」(1907年)を発表し、マティスらの「色彩を現実から解放しようとする」フォービスムの運動が起こり(1905年)、現代絵画への脱皮がまさに始まろうとしていました。
しかし、グウェンの関心は「室内にある物」「飼い猫のタイガー」「窓から見える風景」「友人や教会で会う人々」に向けられ、個人的な芸術の追求は終生変わりませんでした。


「花」は、いかにも地味な小さな作品です。離れて観たら、きっと何が描かれているのか分からないほどのくすんだ色調です。グウェン・ジョンは花を描きたかったのだろうか。画面全体の色調を自分のイメージに合わせて整えたかったのではないだろうか。隣り合わせの色彩が対立することなく馴染み合い溶け合い、そして調和していく。そんな静かな作業の結果出来あがった作品に思えるのです。それでも白とピンクの花は愛らしいアクセントになっています。



リュック・タイマンス《蘭》1998年 99.5×77cm キャンバスに油彩
I8_Markopoulos_Tuymans_Orchid.jpg

何か不思議な感覚にとらわれる作品です。描き方は具象絵画のスタイルなのに、具象ではない。静寂でもあり強烈でもあり、繊細で平穏でありながら毒を含んだ妖しさも感じられる。この感覚はいつかどこかで経験したことがある気がして、記憶のイメージを探りだす。「緑」のフィルターを掛けたような画面。毒を含んだ気は、この「緑」から放たれているのか。
画面は花弁によって上下に分割され、更に茎によって左右に分けられています。この分割が作品の印象を強めている。


Luc Tuymans(リュック・タイマンス 1958年~ )ベルギー

《指》1995年 37.5×33cm 油彩
LucTuymansFingers.jpg

《Cieling》1993年 30×50cm 油彩
ceiling_convert_20110115233510.jpg

ベルギーのアントワープ在住。新しい具象(ニュー・フィギュラティブ・ペインティング)の画家です。彼が描くモティーフは、身近に存在する平凡な物(室内・室内にある物・家族写真)から歴史的事件(新聞・雑誌等の写真を利用)まで多岐にわたっています。
クローズアップ、トリミングなどの手法を多用して、独特の空間を創出しています。
クローズアップされトリミングされた「指」は、小品ながら何か別の生き物に見える程の迫力のある作品です。「Cieling」は、フレーミングと微妙な色彩が印象的な作品で、モティーフとしては平凡な天井が、造形的に美しい異空間を作り出しています。





テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。